ホーム » 美里ボランティアセンター » 「チーム小林47」が草刈り、稲の種まき、ブロック塀の撤去

熊本地震災害シンポジウム

RQ九州 熊本地震災害シンポジウム参加申込み受付中

 

ボランティア受付中

ボランティア登録受付中

 

パタゴニア

熊本地震による被害への支援のために。パタゴニアはお客様からの寄付額と同額を熊本地震の支援団体に寄付するマッチングプログラムを実施しています。詳しくはこちら。patagonia

新着情報

「チーム小林47」が草刈り、稲の種まき、ブロック塀の撤去

【益城町】
毎週末、宮崎県の小林市から「チーム小林47」が熊本の被災地の支援に来てくれています。
昨日も、3チームに分かれて、草刈り、稲の種まき、ブロック塀の撤去作業に頑張ってもらいました。
そのうちの2チームがお昼頃に終わったので、益城からのSOSの状況の下見(後日作業できるかどうかを判断します)にチームの皆さんと一緒に行ってみました。
チーム小林47は、建設業をされている方たちとのネットワークがある頼もしい団体です。
ご依頼は、隣の石垣が崩れて、石が家を押している状況で、窓が開いたまま石が挟まっているので、せめて窓が閉まるようにしてほしいということでした。
素人目には「これは無理じゃないか」と思いましたが、さすがチーム小林!すぐさま「この場でやっちまおう!」と、すぐさま作業開始。わずか30分で最低限の石をどかすことができました。
その状況を的確に判断する経験とチームワークに感動さえ覚えます。
チーム小林47は週末にどこかで熊本のために頑張っています。

13235544_1595511120777434_617723057081666034_o

13244199_1595511084110771_2180754003569408847_o

13217505_1595511090777437_3476203486374847570_o

13246186_1595511087444104_7752750827174629778_o


facebook